« 雷ゴロゴロ、雨ザーザー | Main | こどりんち »

2006.08.12

雷雨の中の訪問者

 8月12日。 横浜某所。 午後から雷雨となり、激しい雨が降りしきる中、雷も何度か轟き、怪しい光を俺は何度も目にした。 ぴんぽーん、激しい雷雨の中、招かざる来客のようだ。 いったい誰が、なんのために、この雷雨の中? 「交番のものです。」 「!!!」 ついに、この場所も突き止められてしまったのか。 それもよりによって、こんな雷雨の中・・・。 うかつに、インターフォンに出たことを激しく後悔する。 いまさら、居留守を使うことなど不可能。 さりとて、4階のマンションの部屋からでは外に逃げることも出来ない。 いざというときには、最後の手を使うことも考え、やむをえず、玄関ドアを開く。 「はい・・・」 警官の目が怪しく、俺の全身を注視する。 視界に見える警官の姿はひとりだけだ。 しかし、どこかに応援の警官が隠れているのかもしれない。 全身から汗がふきでる。 しかし、最後のときはさわやかに締めくくりたい。 覚悟を決めて、警官の前に手をさしだす。 
「住民カードの記入をお願いします。」、と警官は言った。

|

« 雷ゴロゴロ、雨ザーザー | Main | こどりんち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 雷雨の中の訪問者:

« 雷ゴロゴロ、雨ザーザー | Main | こどりんち »