« subversionをバックアップに使う | Main | WILLCOM 03 »

2008.05.25

100円ショップの自転車用点滅バブルキャップ

 ホームセンター「コーナン」で買ったタイヤのバブルにつける580円の青LED(2個セット)は、買ってから1週間ちょっとだが、もともとの電池があまり残量がなかったらしく、もう片方がつかなくなってしまった。 バッテリチェッカで見てみると、それぞれ3個入っている電池のうち、1個はほとんど残量がない。 そのせいでつかなくなったようだ。

 meetsミーツという100円ショップで1個100円の点滅バブルキャップ(赤LED)があったので、2個購入。 目的は電池。 バブルキャップには1個につきLR1130電池が3個必要だが、100円ショップでも2個100円。 ところが、この赤色点滅バブルキャップには電池が3個入っているのだ。 点滅バブルキャップそのものは正直かなり造りが悪く、ちょっと使う気にならないが、入っていた電池は満タンとはいえないまでも、十分使える残量だ。

 まぁ、おまけのものじゃなくて、ちゃんと電池だけ買ったほうがいいのだろうけど。

|

« subversionをバックアップに使う | Main | WILLCOM 03 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13784/41314485

Listed below are links to weblogs that reference 100円ショップの自転車用点滅バブルキャップ:

« subversionをバックアップに使う | Main | WILLCOM 03 »