« 1テラハードディスク | Main | ハードディスクの価格 »

2009.02.08

次のファイルが存在しないか、または壊れているため、Windowsを起動できませんでした。

 今メインで使っているパソコンはVAIO RZ65で、もう数年前のPCだが、Giga PocketによるTV番組録画など満足して使っている。 しかしならが、HDDは増設したものの、Cドライブの容量が常に不足している状態だった。

 今は1テラのHDDすらバルクだと1万円もしない時代だが、あいにく現在主流のシリアルATAには、RZ65は対応してないので、バックアップに使っていた320GHDDを、オリジナルの200GHDDと交換することにした。

 HDD交換は過去に何度かやっているが、しばらくしてなかったので、前回どうやったか忘れてしまっていたが、前に交換用HDDを買った時に付属していた Partion Magic 7.0 で行うことにした。

 Cドライブのコピーは問題なくできたが、Dドライブはなぜかできなかった。まぁ、データ用ドライブのデータは普通にコピーすることで問題ない。  また、オリジナルのHDDにはリカバリ領域があって、それもコピーしようとしたら、それもコピーできなかった。  まぁ、リカバリ用のDVDはすでに作成していたので、リカバリ領域のコピーはしないことにした。

 最近はリカバリ用DVDが付属しないPCが主流?のようだが、パソコン初心者も多いのだから、リカバリDVDぐらいは付けておくべきだと思う。

 それはそうと、コピーが完了したので、HDDを交換してPCを起動。 ところが、以下のエラーが出た。

「次のファイルが存在しないか、または壊れているため、Windowsを起動できませんでした。
\system32\hal.dll」

 これはきっとドライブレターの変更をしなかったせいだと思い、古いHDDにつけなおして、ドライブレターを変更。 下手にドライブレターを変更してしまうと、Windowsが起動しなくなってしまうかもと思ったが、新しいHDDをUSB接続にした状態で再起動したら、無事Windowsが起動した。

 もう、大丈夫だとHDDを換装して、起動すると、また同じエラーが出る。 ネットで調べてみると、どうやら boot.ini が怪しい。 boot.iniがどこにあるのかなと思って調べてみると、なんのことはない、Cドライブの直下にあった。

 boot.iniを見てみると、以下のようになっていた。

[boot loader]
timeout=30
default=multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS
[operating systems]
multi(0)disk(0)rdisk(0)partition(2)\WINDOWS="Microsoft Windows XP Home Edition" /fastdetect /NoExecute=OptIn

 これは「partion(2)」が怪しい。 元々のHDDにはリカバリ領域があったので、partion(2)になっていたのだが、新しいHDDにはリカバリ領域がないので、partition(1)に修正。 これで無事Windowsが起動して、換装完了!
Cドライブの空き領域も25Gになり、当分大丈夫だ!!

 しかし、PCがもう1台あったから、いろいろと調べながらできたが、1台しかないといろいろと困ったと思う。


「BUFFALO/バッファロー USB2.0対応 ターボUSB機能/省電力モード搭載 外付ハードディスク (1TB)HD-CE1.0TU2 」

|

« 1テラハードディスク | Main | ハードディスクの価格 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 次のファイルが存在しないか、または壊れているため、Windowsを起動できませんでした。:

« 1テラハードディスク | Main | ハードディスクの価格 »