« TERUTENは印刷にまで悪影響を及ぼす | Main | KB967715 »

2009.04.26

Linuxのカーネルを更新

 古いPC(VAIO R63)を、Windows2000とLinuxのデュアルブートにしている。 しばらくLinuxを使ってなかったが、仕事でLinux使ってるので、久々に自宅のLinuxのアージョンアップをyumから行った。

 今入っているのは Fedora 8なので、最新の10にしようと思って、時間をかけてISOイメージをダウンロードしたが、どうやって更新すればいいのかよくわからず中断。

 カーネルの更新をしたら、GUI画面が表示できなくなったが、グラフィックドライバを更新したら表示できた。前にもしたことあるが、テキストモードでの起動をどうすればいいか忘れていた。


 テキストモードでの起動方法は、ブートローダが立ち上がった時に「a」キーを押し、ランレベル3(テキストモード)にする。

「kernel/nmlinuz-2.6 5-1.358 ro root=LABEL=/rhgb quiet」

 こんな感じの表示が出るので、こいつの一番後ろに「3」とつけて起動。

「kernel/nmlinuz-2.6 5-1.358 ro root=LABEL=/rhgb quiet 3」



|

« TERUTENは印刷にまで悪影響を及ぼす | Main | KB967715 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Linuxのカーネルを更新:

« TERUTENは印刷にまで悪影響を及ぼす | Main | KB967715 »